京都を代表するおばんざい「いもぼう」を作りました。
北海道の海の幸鱈と京都の里山の幸海老芋と言う、出会うはずの無い食材が相乗効果で美味しくなる所謂「出会いもの」を御賞味ください。
*動画内ではイカとワケギのぬたに酢を入れてませんが、後から足しました。
レシピには記してますので参考にしてください。
申し訳ございませんでした🙇

オープニング 嵐山竹林裏
0:00オープニング
2:33食材紹介
3:43海老芋の処理
5:07棒鱈下茹で
5:26イカと分葱のヌタ作り方
16:56いもぼうの炊き方
22:53海老芋と棒鱈を分け味付けし直し
24:49エンディング

湯がき棒鱈10切れ
海老芋10個

棒鱈の下茹で用
水1リットル
ほうじ茶大さじ5(だしパックに入れる)

海老芋下茹で用
水1リットル
生米ひとつかみ

昆布だし1.2リットル
砂糖大さじ8
本味醂200cc
濃口醤油100cc

飾り用柚子皮適量

イカとワケギのぬたレシピ

イカ(暑い身のもの)1パイ
ワケギ1束

イカ醤油洗い用
濃口醤油小さじ1/3

砂糖小さじ1
本味醂小さじ1
酢小さじ1
白味噌大さじ3

#料理 #おばんざい #京都料理人あきひこ

0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。