今回は浅利を使ったラーメンの作り方をご紹介します。
塩ラーメンスタイルにした方が浅利が引き立つので、塩スタイルでの作り方です。
塩ラーメンにするには、ベースとなりタレを濃口醤油ではなく薄口醤油で作った淡い色のタレが必須となります。
別の動画で解説しているので、こちらを参照してください🙇‍♂

☆材料(約5人前)
’•鶏       1キロ
•カタクチ煮干し 140グラム
•昆布      140グラム 
•干し椎茸    20グラム
•浅利(スープ用)  410グラム
•浅利(香味油用) 50グラム
•浅利(追い浅利用) 1人前に8〜9個

✩作り方
✦煮干し、昆布、干し椎茸を見ず1リットルで24時間ほど水出しにする。
⇒漉してひと沸かし
約600cc取れます。
✦鶏を水1リットルで火を入れ、沸いたら弱火で2〜3時間。家庭用コンロだと弱火が調整難しいので動画内だと2時間(火が強かった為)
通常ならば、1リットル取れます。
動画内だと鍋の口径が大きかったのと弱火調整が難しかった為に450ccの取れ高です😅
しかしこのトリプルスープの作り方ならば特に問題ありません。
✦浅利約410グラムを水1リットルで沸かし、沸いたら弱火で30分。
⇒漉しす
⇒各スープを合わせさらに漉して完成。
✦完成したスープを、さらに提供直前に小鍋にフレッシュな浅利を入れ殻が開くまで火を入れます。これでダメ押しでさらに浅利の出汁を抽出します。
元々強い出汁が出ているスープなので、これをやらなくても美味しいです。
しかし更に強い浅利感を出せます!
⇒丼には、塩ダレを15cc、香味油を20cc。塩ダレの量はスープの仕上がりによって完成時の味の濃さが変わるので合わせてから味見をして調整してください。
塩ダレは別動画を参照でお願いします😌

✦香味油
浅利約50グラムをオリーブオイルで(サラダ油でも可)コクを出したいならラードも良いです🙂
5分ほど低めの温度で揚げる⇒漉して完成

✦スープに使った浅利は、また別にお味噌汁に使ったり再利用してください。

動画は約5人前分です。
余ったら冷蔵庫で3日ほど持ちます🙂

トッピング等はお好みでアレンジしてください。

0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。