◆目次
00:00 冒頭挨拶
00:18 サバの紹介と下準備
00:39 サバをさばく
00:49 サバの三枚おろし
04:18 サバの腹骨を取る
05:18 サバの塩焼きを作り方
06:01 フライパンでサバの塩焼きを作る
06:40 サバの塩焼き完成

秋~冬はおいしいサバを手に入れられる季節なのですが、魚焼きグリルや炭火がなければ美味しく調理できないと思っていませんか?

実は全くそんな事はありません。フライパンでもグリルのようにふっくらとおいしく焼く事は可能です。一人暮らしの小さなコンロでじゅうぶんです。

めだか水産 水産広報部でも同様の調理方法を紹介しています。

フライパンで美しいサバの塩焼きを作るテクニック!グリルなし一人暮らしの家でも簡単だよ

フライパンで塩焼きのポイントは、①キッチンペーパーでしっかり水気をとる、②塩振りでサバの水分を抜き、身質を引き締める、③火加減は『中弱火』でじっくり加熱する の3つです。

科学的な話になりますが、魚の身に塩をふると、魚の筋肉を構成する塩溶性タンパク質(アクチン、ミオシン)が溶けて、粘りのあるすり身のような状態に変化し(アクトミオシン)、水分を多く保つようになります。

その結果、塩によって水分が抜けているにも関わらず、焼き上がりのサバの身質がしっとりとしたジューシーな食感になるのです。
#サバの塩焼き #フライパン #三枚おろし

フライパンでサンマを上手に焼く方法はこちら

Twitterでバズったサバの塩焼きを砂糖で作る話をととけん1級が検証してみた!


– – – –
『さかなでのみましょう』では日本全国の美味しい魚介類や知られざる魚製品を魚マニアが熱く語り、お酒を楽しく飲んでいきます。

メダカからマグロまで。愛でる魚から食べる魚まで、あらゆる魚介類を愛するおさかな総合メディア『めだか水産広報部』が運営しています。
めだか水産広報部:https://medakasuisan.com

0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。